アイフル

RECRUITING INFORMATION

ENTRY

つねに相手を
思いやり、
自分の仕事に
誇りを持とう。

03.TAKUJI KAMIYA

上谷 拓司

アイフル株式会社
保証推進課
2017年入社

OFFのわたし

OFFの過ごし方

社会人のよさこいサークルに所属しています。夏に高知県で開催される大きな大会に向け練習の日々。サークルの運営にも携わっているため、休日だけではなく平日の夜も時間を取られますが、メンバーで心をひとつにして作品を披露できたときは最高の気分です。

Motivation

私の志望動機

①関西が拠点、②海外展開を行っている、③若いうちから成長の機会がある、というのが企業選びの軸でした。アイフルグループはそれらの条件を満たしていて、また、独立系企業で意思決定のスピードが速いというところにも魅力を感じました。

01

現在の仕事内容

アイフルグループの審査ノウハウを提供しつつ、
業務効率アップで、さらなる満足を。

銀行や信用金庫などと提携し、カードローンなどの商品をスムーズに保証審査しお客様へお届けするのが、私の携わっている保証事業です。提携商品の保証が可能かを審査し、支払いが滞った場合には代位弁済(お客様に代わって金融機関に返済すること)を行う。アイフルグループには50年以上にわたって蓄積してきた審査のノウハウと実績があるので、その部分が取引先から高く評価されています。

デジタル化が進んでいる取引先もあれば、昔と変わらず紙の台帳で管理している取引先もあります。後者の場合は、私がAccessというソフトでつくった顧客管理ツールを導入いただく。自分の工夫によって業務効率が上がり、それについて喜んでもらえるのは、大きなやりがいとなっています。

02

働くうえで大切にしている「愛」

相手の利益を考えながら、
昨日の自分より成長する。

昨日の自分より少しでも成長することを、つねに意識しています。疑問を疑問のまま放置せず、少しでもわからないことがあれば上司や先輩に質問し、その場で解決する。そして、ミスしたことや注意されたことについて検証し、再発防止を図ります。

また、何かを判断する際には、自分の利益だけではなく、相手の利益を考えるようにしています。一旦立ち止まり、「この判断は相手にも得があるのか?」と自問自答する。そうすることで人間関係がうまくいき、結果、仕事自体もうまくいくからです。

03

社内で尊敬している人

私の仕事が、
アイフルのイメージをつくる。

保証事業本部の部長は率先垂範の人です。身だしなみや周囲への配慮はもちろんのこと、誰よりも元気な挨拶、誰よりも丁寧な掃除を実践されています。「日頃の立ち居振る舞いが企業のイメージをつくる。つねに誠実な対応を心がけなさい」という部長の言葉を、私は心に留めています。

また、部長からは「自分の発言について責任を持ちなさい」という指導も受けています。私はBtoB(企業間取引)の仕事をしていますが、いくら担当者同士が仲良くなったとしても、私の発言はアイフルとしての発言だということ。誤解を招くようなことを言ってはいけません。そんなふうに、仕事の本質的な部分を教えてもらっています。

04

アイフルグループから感じる愛

“よってたかって”
お世話をされる。

以前、人事部門から「IT人材育成の足がかりとして、プログラミングの外注先を探してもらえないか」という相談を受けました。アイフルグループでは、部署を横断した仕事の依頼が往々にしてあります。保証推進課でBtoBの業務を行い、簡易なデータベースなら自力でつくることができる私ですが、本格的なプログラミングとなるとまったくわかりません。

どうしたものかと困っていると、上司や先輩が私の席にわらわらと集まってきて、さまざまな観点からアドバイスをしてくれました。 “よってたかって”お世話をされる、という感じで、そのときは会社からの愛を改めて感じましたね。

1DAY SCHEDULE

8:45出社

当日の業務を確認し、始業準備をします。

9:00朝礼

9:20担当金融機関とのやりとり

業務の進捗や実績について、メールや電話で確認します。

12:30昼食・休憩

13:30担当金融機関とのやりとり

業務の進捗や実績について、メールや電話で確認します。

15:00会議

チームで会議を行い、各金融機関の状況について共有します。

15:30業務の見直し

自部署や担当金融機関の業務効率化について検討します。

17:40退社準備

メール対応を行い、翌日の業務の確認をします。

18:00退社