アイフル

RECRUITING INFORMATION

ENTRY

お客様に喜んで
いただける、
愛のあるITを。

09.MASARU TSUKUNI

津國 勝

アイフル株式会社
デジタル推進課 課長
2015年入社

OFFのわたし

OFFの過ごし方

普段は図書館に行って、IT関連の本を読むことが多いです。以前は天気がいいとドライブやツーリングに出かけていたのですが、少しご無沙汰気味です・・・。

Motivation

私の志望動機

高等専門学校を卒業後、国内の大手メーカーでシステムインテグレーターとして働きました。次にグローバル展開するソフトウェア会社でテクニカルアカウントマネージャーの立場を経験。アイフルグループに入社したのは、ユーザー企業の中で会社の成長に関わりたいと考えたからです。

01

現在の仕事内容

内製化によって、
お客様に選ばれ続けるサービスを。

システム開発の内製化(自社開発)に取り組んでいます。今アイフルグループ内では、大小さまざまなシステムが稼働しています。その中でもお客様との大事な接点となるWebシステムやスマホアプリを少しでも早く開発し、継続的にリリースできる体制を構築することがミッション。最近なにかと話題のキャッシュレスへの対応も進めています。

これまで外注していたものを内製化することで、発注からリリース運用までのスピードが上がります。これは独立系企業の強みが最も活かされる部分。また、私たちが思い描くイメージをデザインや機能に反映しやすい、という側面もあります。お客様に選ばれる続けるサービスを提供するため、日進月歩のシステム開発の世界で、メンバーとともに試行錯誤を繰り返す日々です。

02

働くうえで大切にしている「愛」

お金をもらって感謝されるのが、
真のプロだと思う。

私のポリシーは、ITで課題を解決し、お客様から「ありがとう」の言葉をいただくことです。お金をもらって仕事をするのがプロなのではなく、お金をもらって感謝されるのが真のプロだと、私は思います。ですので、自分の知識や経験を惜しみなく使い、全力でお手伝いすることを、普段から心がけています。

部下やメンバーにそれを強要することはありませんが、できれば同じような気持ちで取り組んで、お客様に感謝してもらえる仕事を一緒にしていけたらな、と思っています。

03

働く環境

社員の人格形成に
投資してくれている。

金融業界ということで、服装や身だしなみについての規定は厳しいですし、また、お客様の個人情報を取り扱う部署でのリモートワークは難しいと言えます。ただ、アイフルグループは、残業時間の削減をはじめとした働き方改革に積極的に取り組んでいて、定時後や休日の時間を有効に使える環境が整っています。

余暇については、趣味やスポーツを楽しんでもいいですし、私の場合は、近くの図書館で興味がある分野の情報を収集する時間に使っています。書籍購入費の補助があるのも非常にありがたく、会社は社員の人格形成に投資してくれているのだな、と感じられます。

04

アイフルグループから感じる愛

“ゼロイチ”の仕事のたいへんさを
理解してもらえている。

私たちがやっているのは、まったくなにもない状態から組織や事業、サービスを立ち上げる、いわゆる“ゼロイチ”の仕事です。当然、毎日のように産みの苦しみを経験することになる。そんなとき上司は、私たちの思いを理解し、プレッシャーをやわらげるように接してくれます。

細かい仕事内容のことは置いておいて、どうすればお客様に喜んでいただけるか、どうすればアイフルグループを成長させることができるか、といったビジョンを示してもらえるので、それがモチベーションにつながっています。

1DAY SCHEDULE

8:40出社

9:00朝礼

9:30システム開発

随時メールに対応しながら、システム開発業務に取り組みます。

11:30昼食・休憩

12:30管理業務

資料の作成や確認を行い、課のメンバーをフォローします。

14:00チームミーティング

それぞれの開発状況を確認します。

16:00クラウドベンダーとの打ち合わせ

クラウドビジネスについての相談をします。

18:00退社