アイフル

RECRUITING INFORMATION

ENTRY

シナジーを最大化する
ベンチャーキャピタルを。

15.RYOTA YAMAZAKI

山崎 涼太

AGキャピタル株式会社
投資管理部
2005年入社

OFFのわたし

OFFの過ごし方

以前はバスケットボールサークルの活動に参加し、フルマラソンも走っていましたが、最近は運動不足ですね。動画配信サービスで映画を観たり、本を読んだり、すっかりインドア派です。

Motivation

私の志望動機

「お金は社会の血液」と言われますが、経済をまわすのに必要なお金を取り扱う金融業界に興味を持ちました。ライフカードはテレビCMがおもしろく、ユニークな会社で自分がやりたい仕事ができるのではないかと思い、志望しました。

01

現在の仕事内容

投資先企業と、
Win-Winの関係を築く。

アイフルグループのベンチャーキャピタル部門として業務を行っています。なお、ベンチャーキャピタルとは、ハイリターン(大きな見返り)を狙ったアグレッシブな投資を行う投資会社・投資家のこと。グループのシナジー(相乗効果)と、キャピタルゲイン(資産を売買することによる売買差益で得ることができる利益)を生み出すことが目的です。

デューディリジェンス(投資を行うにあたり、投資対象となる企業や投資先の価値やリスクなどを調査すること)から契約手続き、投資実行、投資先企業への経営支援、実績管理まで、一連の業務を担当。投資先のニーズとアイフルグループの商材がうまくマッチングし、Win-Winの関係を築くことができると、大きなやりがいを感じます。

02

働くうえで大切にしている「愛」

コンパクトな組織の
利点を活かして。

大手ベンチャーキャピタルは投資額が大きく、1億円や2億円は当たり前です。しかし、当社の場合は数千万円程度。それは、単なるキャピタルゲインではなく、アイフルグループとのシナジーの部分を重視しているためです。シナジーの一例としては、ライフカードを介して決済システムを導入いただいたお客様もいらっしゃいます。

AGキャピタル自体、組織が小さいこともありますが、メンバー全員が現状の投資先の業績について把握し、つねに情報共有を図っています。また、アイフルグループ内でも頻繁に情報交換を行い、投資先のお客様の満足を追求しているところです。

03

将来挑戦したこと

収益拡大を見据え、
M&Aにも携わりたい。

ベンチャーキャピタルとして活動していると、規模は小さいながらも革新的で魅力的なサービスを提供する企業が世の中にはたくさんある、ということがわかります。

現在でも投資先にかかわらず協業という形でシナジーを構築し、グループ収益に貢献していますが、今後のグループの収益拡大を見据え、私はM&A(企業の合併や買収)の業務にもいずれ携わってみたいと考えています。

04

アイフルグループから感じる愛

目の前の出来事に一喜一憂せず、
しっかり経験を積んでいく。

「投資業務は一朝一夕に身につくものではないから、長い期間でちょっとずつ勉強していってほしい」。私がAGキャピタルに配属された際、社長からかけられた言葉です。

キャピタルゲインの成果の観点でいくと、M&Aで売却されるか、公開市場でIPO(新規上場)するか、の二択になります。仮にIPOするにしても最低でも4~5年はかかり、途中で頓挫してしまうケースもある。もちろん成果を出すことは大事ですが、目の前の出来事に一喜一憂せず、しっかり経験を積んで成長していきなさい、という教えなのだと捉えています。

1DAY SCHEDULE

8:20出社

AGキャピタルの始業時間は8時40分なので、それに向けて準備をします。

8:40書類作成

投資検討先のデータを分析し、書類を作成します。

12:00昼食・休憩

13:00投資検討先訪問

投資検討先と面談し、条件をヒアリングします。

15:00株主報告会参加

投資検討先の株主報告会に参加し、情報を収集します。

17:40退社

AGキャピタルの終業時間は17時40分です。