menu
アイフル株式会社【新卒採用ホームページ】

【アイフル通信vol11】社会人が見たグッド・プラクティス!

公開日:2018年02月13日 カテゴリー:最新情報 タグ:

こんにちは!

アイフル株式会社インターンシップ担当です。

今回はインターンシップ開催を通じて見られた

「グッド・プラクティス」をご紹介します!

 

「グッド・プラクティス」とは、簡単に言えば優れた行動・取り組みです。

インターンシップ中でも、印象をぐっと良くさせるような行動をすることで、

社会人から一目置かれる存在になれるかもしれません!

 

中には、「当たり前のこと」と思いがちな内容もありますが、

意外と出来ていないこともありますので、少し気を付けてみると

印象がアップするかもしれませんね。

 

1.相手の目を見て挨拶をする

ごくごく当然のことと感じますが、インターンシップに慣れていないと

実は緊張のせいもあって出来ていないことが多いものです。

年上の社会人と接する機会が少ないのも理由ですが、

挨拶は初対面の人同士の初歩的なコミュニケーションです!

ここが出来る人は、堂々として見えるうえに社会人としての

期待も込めて接したくなるものです。

 

また、ちょっとしたポイントですが、椅子に座ったまま挨拶するよりも、

相手と同じ目線での挨拶(相手が立っているなら、立って挨拶)することで

印象が変わることもあります。

目を見て元気よく挨拶をする!基本中の基本ですが意識してみてください。

次も非常に重要です。

 

2.自己アピールを持っている

インターンシップ参加と同時に、自己分析を進めているという人が

多いと思いますが、自信を持って話せる「自己アピール」があれば

相手の気持ちを引き込むことが出来るのではないでしょうか。

学業のこと、部活のこと、アルバイトのこと等、

誰でも何かアピール出来るポイントは探せると思います!

あとは、どれだけ自分の言葉で伝えられるかです。

最低限の敬語も大切ですが、自己アピールに熱中するあまりに、

ついついタメ語になる・・・なんていうことは愛嬌の範囲内です。

無理に敬語を意識して伝えきれないより、想いが伝わるほうが

いい方向に転ぶこともあります!

 

3.名刺の受け取り方で印象アップ

社会人になると必ずといっていいほど苦労するのが、

名刺の渡し方・受け取り方です。

営業系のお仕事では、誰しもが一度は怒られた経験があると言っても

過言ではないのではないでしょうか。

実は、インターンシップに参加した時に名刺を渡すことも多いわけで、

自分の名刺を持っている・名刺入れを準備しているといった人は

一目置かれるかもしれません。

とはいえ、なかなかそこまで出来るというのは少ないですので、

最低限のマナーとして、両手で受け取る・相手の前で

片づけないは守りましょう!

 

当社のインターンシップも残り僅かな開催になっています。

実際の業務体験だけではなく、

働き方等の質問にお答えする機会も準備しています!

メルマガでは伝えられない具体的なお話を聞きに来てください!

 

この冬、当社をより身近に感じてもらいたいと考えております。

皆様のご応募お待ちしております!

 

【お問い合わせ先】 アイフル株式会社 採用課 075-201-2210