menu

アストライ
営業グループ Y・O

小回りを活かして機敏な対応ができます

実際入ってみてどうでしたか?

取引先等が主に金融機関や法人を相手にしますので、 なかなか馴染みはなかったんですけども、 日本経済のお金の流れ、 金融機関との取引関係も非常に多くありまして、そういう意味では、 取り扱うお金の金額も、非常に大きなものになります。 その辺も非常にダイナミックな動きを感じておりますので、 その辺りにやはりやりがいを感じております。

Next

実際、入社してからの仕事の移り変わりは?

私はもともと入社が営業部でして、基本的にはずっと営業畑を約10年続けております。 営業部は取引先のお客様を主に 銀行を中心とした金融機関が相手となっております。 金融機関が債権を売り出すにあたって、 入札というものを行っており、 入札に参加して一番高値をつけたところが 最終的に落札をして、買い取った債権を回収してる、 それが主な仕事になるんです。 その中で私の役割は、金融機関に足を運び、 その入札に参加するための権利を得る、 そういった仕事をしております。

Next

アイフルのグループである、アストライの強みは?

我々はアイフルグループのアストライとして 基本的にはどこの銀行にも直接的には属しておりません。いわゆる「独立系」というところです。 それで我々はさらに社員規模も約50人くらいで 中小企業ではあるんですが、 小回りを生かして、機敏な対応が出来るというところや、 いつでもお客様のもとに、いつでも足を運んで、即断即決できるような そういったところは他の大手には負けないと思っています。

社員紹介動画

アイフル社員のインタビュー動画です。